趣味で集めていた西洋アンティーク、買取に出してみませんか?

祖母から代々引き継がれてきた古いけど綺麗なヒスイの指輪、ネックレス、食器や香水瓶など、西洋アンティークを趣味で集めている人や、

何となく集まってしまった人、そしてその置き場所に困ってる人はいませんか?

「古いから」「状態が良くないから価値がない」「大した額にならない」そんな理由で、買取に出せずにいる人はいませんか?

そもそも、「アンティーク」の定義は「100年以上前に製造された」もの。

古くても、状態が良くなくても当たり前なんです。

また古ければ古いほど、買取価格も上がる可能性があります。

保存状態が良いものに越したことはないですが、何しろ歴史ある物、

多少の劣化は当然のことです。

「西洋アンティーク 買取」「骨董品買取」とインターネットで検索するだけで、山のように買取業者のサイトがヒットします。

どうしたらお手持ちの西洋アンティークを高額買取してもらえるでしょうか?

どの業者にも大体共通している基準は、「状態の良いもの」「付属品がある」「有名な作品」が高額買取の対象となるようです。

たとえば「ロイヤルコペンハーゲンの古い食器」や、「箱に入ったカトラリーセット」などなど。

もちろん有名なブランド物でなくても、保存状態が良かったり、鑑定してもらったら作者が判明した、なんていうことで高額買取になることも。

お気に入りの品はもちろん手元に置いておいて、置き場所に困ってたり、保存状態が良くて高く売れるかも、と思えるような代物は、

一度、骨董品の買取専門ショップ(http://members2.jcom.home.ne.jp/beeslane/)に行って、鑑定してもらってはいかがでしょうか?

思いもよらないほど高額で買い取ってもらえるかもしれません!